ブログトップ

Dress Code

savaoh.exblog.jp

Ska vi fika?

b0330009_04531621.jpg
こんにちは。今日もテックラです。 
スウェーデンには1日に数回、お茶の時間を設けるのが習慣になっています。 学校でも会社でも、効率よく勉強や仕事をするのに、そして周りの人たちとコミュニケーションをとるのに欠かせない大切な時間です。こんなお茶の時間を”FIKA"フィーカといいます。 私も学校や職場で必ず朝1回午後1回フィーカを楽しんでいました。 今のスタジオでももちろん同じです。

b0330009_04530118.jpg
今日のフィーカはコーヒーとシナモンロールです。日本やタイで見かけるシナモンロールはバターたっぷりでお味がとってもリッチなんです。それはもちろんとてもおいしくできているのですが、こちらのシナモンロールは、どちらかというと”パン”に近いような食感なんです。 ちょっとぼそっと感が残っている軽くて素朴な感じといいましょうか。そんなスウェーデンのシンプルなシナモンロールが大好きなんです。

b0330009_04482256.jpg
こちらはスーパーで本日の大特価品でママさんが買わずにはいられなかったシナモンロールです。「誰がこれを買わずに通り過ぎられようか!!」と言って7つも買ってきていました(笑)
おそらく普段は安くても15クローネするところ、この日はなんとたったの2クローネ!!だったんです。 まさに大特価です!
お昼のあととその日の夜にみんなでひとつずついただきました。やっぱりフィーカは最低でも1日2回です♪ コーヒーを入れる回数だけでいうと大概1日5回です。 


これがとてもコーヒーとあうんです♪ 

b0330009_04524660.jpg
2年前の丁度今頃に作ったシナモンロールを持参しました。2年間の記事→  

b0330009_04534807.jpg
日本語で「お茶しない?」というのと同じで、こちらでも「Ska vi fika?/スカ(未来型) ヴィ(私たち) フィーカ(お茶の時間)?」といいいます。 ”フィーカ”はお茶の時間なので、正しくいうとお茶の時間をとりませんか?とかお茶を飲みに行きませんか?という言い方ももちろんあるのですが、「お茶しない?」と同じで、それ自体が動詞化して使われています♪

スカヴィフィーカ?





[PR]
by savaoh | 2016-05-20 04:35 | ミニチュア | Comments(10)
Commented by Gバリアン at 2016-05-23 09:27 x
1日に数回、お茶の時間を設けるのが習慣なんて素敵ですね♪
日本は女性はそんな時間を楽しんでいる方も多いと思うんですけど、男性はちょっと違うかな?

シナモンロール、大好きです!!お店によって全然お味や生地が違いますよね
そういえばシナモンロールって北欧のイメージですね

niko and・・のガチャガチャ回したいな~
Commented by けろ子 at 2016-05-23 17:58 x
シナモンロール大好きです~!!
昔、かもめ食堂の映画パンフにレシピが載ってて
それを見てせっせと作ってせっせと食べてました。
シナモンロールの乗ってるお皿も素敵!!

1日2回のフィーカ、そちらの皆さんは
毎日の生活をきちんと楽しんでおられるんですね。
羨ましいです~!!
Commented by Gバリアン at 2016-05-23 21:22 x
私もかもめ食堂のシナモンロール作ってました~!!!
懐かしい☆また作ろうかなーーー^^
Commented by pokipoki58 at 2016-05-24 08:54
私はシナモンが嫌いなのでシナモンロールには縁は無いのですがsavaohさんの作ったシナモンロールはリアルですね。
1日2回のフィーカは楽しみですね。少しゆっくりした方が仕事や勉強も捗りそうです。
Commented by ぽめり at 2016-05-24 23:27 x
一気に記事を読みました^^*
うおー!いいないいな!北欧素敵です♪
シナモンロールは正にかもめ食堂ですねぇ。大好きな映画です^^*
お皿も「モナミ」っぽいですね♪
決まってお茶をする習慣というのが本当にいいなと思います。
ゆとりが生まれるというか、ほっとする瞬間を作るというのが
ちゃんと根付いているのは素敵だなと思います^^*
Commented by savaoh at 2016-05-25 04:51
>Gバリアンさん
そうですね〜、日本ではあまり男性がお茶の時間を楽しむというイメージがあまりなさそうな感じですね。こちらの男性は結構甘いものをコーヒーといっしょに楽しんでいる姿をよく見かけます。コーヒーがとっても濃いという理由もあるのかもしれませんが。。。(笑)

シナモンロールは、北欧、中欧、あと北アメリカでもよくあるみたいですね〜。(←今ネットで調べました!)
きっと国を越えて、もいろいろな生地やちょっとしたトッピングなんかも違うんでしょうね♪いろんなところで食べてみたくなりました!

niko and...ガチャ、、なにが当たりました??
私、今度日本に帰ったら植物のガチャまわしたいです。。
Commented by savaoh at 2016-05-25 05:15
>けろ子さん
遊びに来てくださってありがとうございます!!シナモンロールを手づくりされたんですね♪おいしそう〜!手づくりするとまた格別においしいですよね。

このお皿はスティグ リンドベリのHUSARといいます♪テーブルの上で日本の器とも合いそうな柄かなーと思って、手に入れたときとてもうれしかったです。実際にはお菓子類しかのせたことがないんですが、、、。:D

1日2回、こうやって皆で集まる習慣というのもなかなかいいなぁと今回改めて思いました!話すきっかけになったりとか、仕事のいい区切り、気分転換にもなります♪私も何処にいてもこの習慣はじめてみようかな〜と思いました。 :)
Commented by savaoh at 2016-05-25 05:27
>Gバリアンさん、けろ子さん
かもめ食堂のシナモンロール、、!!パンフにレシピが載っているなんて素敵♥ 私も作ってみたい〜!
Commented by savaoh at 2016-05-25 05:34
>pokikoさん
シナモンは、パクチーなんかと一緒で独特の薫りと味ですよね。このぷちシナモンロールはスウェーデンのシナモンロールの写真を見ながら作りました♪

私の場合、「フィーカまでにこれやっちゃおう!」みたいな感じで、丁度いい仕事のペースができます。そしてこの15分くらいが良い気分転換になるので、次の仕事がはかどる気がします。このゆっくりなかんじが実は効率よくばんばれるのかもしれません。
Commented by savaoh at 2016-05-25 05:44
>ぽめりさん
一気に読んでくださったんですね〜。ありがとうございます♪
やっぱりぽめりさんもかもめ食堂なんですね!あの映画は舞台がフィンランドなので、そのシナモンロールがどんなものか今すごく気になります。やっぱりスウェーデンのと似てるのかな〜。。

お皿はHUSAR/フーサールという、スティグリンドベリのデザインです。モナミとは青の感じが似ていますよね。とっても北欧的♪

ちょっと可愛らしい習慣で本当に”ほっと”します。丁度この時にお客さんがくると盛り上がったりしますし。お茶とお菓子って、子供も大人も、きっとどの人種の人もほっとできる瞬間だと思うので、それを会社や学校に取り入れた北欧って素敵だーと私も思いました。:D
<< そういえば...! 旅の記録 ... ピザに読書に。。 >>