ブログトップ

Dress Code

savaoh.exblog.jp

カテゴリ:アート( 3 )

小さい人達。

先週の日曜日、地域の映画倶楽部(スウェーデンで2番目に古い映画館があるので)の人達が組んだ”ボロース(Borås)の街に彫刻を見るツアー”に参加してきました。 ボロースは今私が居る街から近い所にある、元はスウェーデンの中でも有名なテキスタイルの街でした。今はもうテキスタイルを生産していないのですが、テキスタイルの美術館や学校があります。街にも結構有名なアーティストの作ったアートがたくさんあるらしいんです。

もう凍える程寒い雪の中、誰もこんなに長く外で彫刻を見るなんて予測していなかったのでみんな震えながら耐え忍んでいました(笑)私は手袋を借りました。

でも、思いのほかおもしろいものを発見。

b0330009_04001477.jpg
小さなおじさんが家の壁に。。。。。

b0330009_04002144.jpg
立って反対側の様子をうかがってる!?

b0330009_04003055.jpg

地面から3Mくらいの高さの所にいました。

b0330009_04003736.jpg
と、こんなところにも。。

b0330009_04004996.jpg

あんなところにも

b0330009_04005692.jpg
あそこにも!!

本当はもっといたのですが、もうあまりにも寒いし全部は撮りませんでした。
このおじさんのサイズはおよそ手のひらサイズです。

これは、とあるアーティスト(寒すぎて、、、名前は誰1人覚えていません:笑)で、非常に小さい物か非常に大きいものしかつくらないらしいです。ツアーの終わりに巨大なこの小さなおじさんの彫刻をみました。

b0330009_04130886.jpg
これはブラジルのアーティストの作品。

b0330009_21435981.jpg

b0330009_04125236.jpg
古かった建物も含めて、テキスタイル博物館がファッションセンターの中に今年リニューアルしたので、これも見てきました。

まずはここで腹ごしらえ!

b0330009_21434403.jpg
併設しているカフェで。1人199クローネ(約2600円)のビュッフェ!!!サーモンやチーズがいっぱい!一番のお気に入りは、レッドビーツとチーズのオーブン焼きでした。年を取ったためか、長いことアジアにいたせいか、このチーズやクリームたっぷりの一皿を食べきることができませんでした。自分でとったのにごめんなさ〜い! 

b0330009_21440848.jpg
これがテキスタイル博物館の入り口。
ここをくぐってすぐ左手にミュージアムショップがあり、とても素敵な物ばかりを取り揃えていました。でも、彫刻のパートであまりにも時間を取りすぎてしまい(ガイドさんがちゃんといたので長かった)、ここでの時間が殆どなく残念。ほぼ駆け足で展示内容を見て、ショップでは何も買わず気になった物だけをメモして終わり。
このショップとカフェだけにでもまた遊びにきたいです。

信じられないくらい寒かったツアーでしたが、なかなかおもしろかったです♪
他にも美術館があるので、スウェーデンの美術やデザインに興味のある人にはなかなか穴場の観光スポットかと思います。




[PR]
by savaoh | 2016-04-30 04:46 | アート | Comments(2)

スッピン

世の中にはバービーのようになりたい!、(そして本当になってしまっている女性が何人かいますが、、、)と思っている女の子はたくさんいますが、そんな世の中の女子の憧れの対象に疑問を持ち、実際に作品にしたアーティストがいます。
Nickolay Lammさん。
b0330009_10325632.jpg
by Nickolay Lamm
アメリカの19歳の平均的な身体付きのドールを作ってみて、その作ったドールもアート活動資金のために売っています。コンセプトはすごくおもしろい!し、 25ドルは安い!し、この体型のドールもいいなぁとおもうのですが、しかし、、やっぱり男性が作ったからなのか、それもまたコンセプトの一部なのか、、、ドールとしての魅力がないんですよね、、お顔に。
メッセージ送っちゃおうかな、、もうすこしお顔に工夫をしてほしいって。。。

*このアーティストの作品の日本語の記事→


で、私が注目しているのが、この”もしバービーやブラッツ、ディズニープリンセス達が、スッピンだったら?”シリーズ。
b0330009_10101883.jpg

b0330009_1092173.jpg

b0330009_1092495.jpg

b0330009_1092740.jpg
All photos by Nickolay Lamm

自然体でかわいいじゃない〜!いいなぁ〜。(みんなクラスメートに似てる!!)

世の中にもっと自然体のドール達がいてもいいのにな。
日本で生まれたmomoko達の顔は、ナチュラルな可愛らしさがすばらしいんだなぁと思います。

で、なにが言いたいかと申しますと、
自然体のドールがほしいな♪
最近、夜な夜なネットでドール検索をしていますが、私がほしいドールはなかなか手に入らない状態。
う〜ん。もっと粘ります。

で、粘っている間にできることを思いつきました。ウチのyukiさんも結構まつげが長いのとキラキラの目なので、それをちょっと変えてみたいと思っています。除光液でまつげを落としてみようかな。。。
うまくいくかわからないけどやってみよ〜♪
[PR]
by savaoh | 2014-03-31 11:04 | アート | Comments(6)

ドールハウスの中では、、、

2年前に私の友人がインターネット上で見つけて教えてくれた写真家のアート作品のご紹介。
b0330009_1245237.jpg
Photo by Dina Goldstein

世界中の女の子の憧れバービー。美人でスタイルもよく、どんな仕事もこなしカッコいいケンというボーイフレンドもいる。そんな完璧なバービーですが、ケンとの幸せな結婚生活はどんなもの???
写真家ダイナ ゴールドステインのシリーズ作品”ドールハウスの中では”のバービーは、ピンクでキラキラした明るいサイドではなく、ダークサイドのバービーなんです。
b0330009_12592545.jpg
Photo by Dina Goldstein

本物の人間のモデルをバービーとケンにして、リアルサイズのドールハウス(の部屋)を作り上げて作品作り。
スゴイ〜!人間が人形に見える!!!
二人の生活はこんな感じ。。。。!?
ケンにはなんだか女性的なところがたくさん。実は男性が好きで、ある日ボーイフレンドと密会をしているのをバービーに見つかってしまいます。そしてバービーは絶望してしまい、飲んだくれ、しまいには自分も男性になり、首を落としてしまう!?
好きだな〜、こういうユーモア。
彼女のこのシリーズをもっと見たい方はぜひこちらを→In the Dollhouse
彼女の作品でもう1つ”堕落したプリンセス達”シリーズがあり、こちらはあのディズニーのお姫様の”その後”を作品にしているんですが、、、
こっちは本当にダーク。。
ダーク過ぎて悲しくなってしまうので、あんまり好きになれませんでした。
でも興味のある方はこちらを→ Fallen Princesses

そしてこちらは、“ドールハウスの中で”の作品作りの裏側を紹介しています。

楽しそう〜♪
[PR]
by savaoh | 2014-03-17 13:18 | アート | Comments(0)