ブログトップ

Dress Code

savaoh.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

スッピン

世の中にはバービーのようになりたい!、(そして本当になってしまっている女性が何人かいますが、、、)と思っている女の子はたくさんいますが、そんな世の中の女子の憧れの対象に疑問を持ち、実際に作品にしたアーティストがいます。
Nickolay Lammさん。
b0330009_10325632.jpg
by Nickolay Lamm
アメリカの19歳の平均的な身体付きのドールを作ってみて、その作ったドールもアート活動資金のために売っています。コンセプトはすごくおもしろい!し、 25ドルは安い!し、この体型のドールもいいなぁとおもうのですが、しかし、、やっぱり男性が作ったからなのか、それもまたコンセプトの一部なのか、、、ドールとしての魅力がないんですよね、、お顔に。
メッセージ送っちゃおうかな、、もうすこしお顔に工夫をしてほしいって。。。

*このアーティストの作品の日本語の記事→


で、私が注目しているのが、この”もしバービーやブラッツ、ディズニープリンセス達が、スッピンだったら?”シリーズ。
b0330009_10101883.jpg

b0330009_1092173.jpg

b0330009_1092495.jpg

b0330009_1092740.jpg
All photos by Nickolay Lamm

自然体でかわいいじゃない〜!いいなぁ〜。(みんなクラスメートに似てる!!)

世の中にもっと自然体のドール達がいてもいいのにな。
日本で生まれたmomoko達の顔は、ナチュラルな可愛らしさがすばらしいんだなぁと思います。

で、なにが言いたいかと申しますと、
自然体のドールがほしいな♪
最近、夜な夜なネットでドール検索をしていますが、私がほしいドールはなかなか手に入らない状態。
う〜ん。もっと粘ります。

で、粘っている間にできることを思いつきました。ウチのyukiさんも結構まつげが長いのとキラキラの目なので、それをちょっと変えてみたいと思っています。除光液でまつげを落としてみようかな。。。
うまくいくかわからないけどやってみよ〜♪
[PR]
by savaoh | 2014-03-31 11:04 | アート | Comments(6)

ショルダーバッグ

日曜日の朝、なにやらキャーキャー騒ぐ声が聞こえてきます。
b0330009_1143153.jpg

yukiさん「ジャスミン、本当にいいの!?」

ジャスミンさん「もちろん。好きなのを選んでちょうだい。セールだったんだから、とってもお得だったの。」

先日、ジャスミンさんがルンルンでお買い物をしていたのは、たまったサンプル品を格安で売り出すセールだったようです。
b0330009_11435751.jpg

「じゃぁ、このモカのハンドバッグにしよう♪これでやっと手ぶらで歩く生活から開放されるわ。パーティにもいけるね!!うれしい。。。」
b0330009_11442658.jpg

今まで小物を作ったことがなかったので、服以外はほぼなにも持っていない二人のために、たまっていた端切れをゴソゴソ探ってバッグを作ってみました。
左は、中華系の山岳民族のあかちゃんおんぶ紐の一部かと思われる端切れ。白黒の手刺繍がとても珍しくってとっておいたものでした。
ヴィンテージの白の端切れなので、ちょっと汚れが目立ってしまって商品には使えなかったんです。
肩ひもは人口革ひもで。
右はチェーンとフェルトで作ってみました。
b0330009_11443856.jpg

民族バッグ裏側も刺繍です。スナップをつけて、ちゃんと中身をたっぷり入れられます。
フェルトバッグは、ボタンで開閉ができます。


本日のyukiさんのスカートは、タイの織り生地で作ったものです。
そして私自身がお気に入りの形のボレロのドールサイズも作ってみました。
グレーのチューブトップは、私の穴のあいたレギンスから作りました。このチューブトップ、何にでも合うので便利です。
今履いている黒のレギンスも、そろそろ穴があき始めたので、、、もう少ししたら黒いトップスもたくさん作れそうで楽しみ♪ リサイクルは楽しいな♪

それにしてもドールの写真を撮るのは難しい〜!!人間や他のものを撮るのとはまた違う感覚と技術が必要なんですね。いやぁ、勉強勉強!
そして、顔、肌の色、髪型の違うドール達。似合う服や小物がまったく違う。人間だってそうなんだから当たり前なんですけどね、改めて感心しました。
[PR]
by savaoh | 2014-03-30 12:44 | | Comments(0)

YOGA

b0330009_01853100.jpg

b0330009_0185634.jpg

b0330009_0191965.jpg

b0330009_0194140.jpg

b0330009_0192975.jpg

b0330009_0203772.jpg

最後のポーズが一番好き。
[PR]
by savaoh | 2014-03-29 00:24 | | Comments(0)

おそろいのピアス

今日はyukiさんから嬉しいお知らせがあります。

「私が今付けているネックレス、サバオさんのお友達にとても気に入ってもらって、人間用のアクセサリーのリクエストをいただいていたの。」
b0330009_95347.jpg

「いままではジャスミンさんがサバオさんとオットさんのブランドの専属ファッションモデルだったけど、私も今回は貢献できてうれしいわ!」

そうなんです。日本にお店を持ち、こちらではモノ作りを勉強しながら実践している私のお友達からリクエストをいただいて、人間用のピアスを作りました。そして先日無事に納品しました!
来月半ば、彼女のお店で販売されます。

b0330009_95471.jpg

これがドール用のネックレス。
b0330009_9174580.jpg

そして、同じデザインシリーズで人間用のピアス。
色の組み合わせが他にも、ピンク系、赤x茶、茶系....etc などいろいろあります。
小さな四角い木のビーズとツブツブビーズで作ったこのピアスは、付けている感覚がほとんどないくらい軽いので耳、肩、頭に負担がなくていい〜♪と喜んでもらっています。

この出来上がったピアスを見て、また別の友人にも気に入ってもらって、先週、数点お嫁入りいたしました。

そう、ジャスミンさんのお仕事がファッションモデルというのは、実は半分本当なんです(笑)
私とオットさんの小さなブランドで”時々”作っている洋服のサンプルモデルさんとして働いてもらっていたんですが、今はめっきり私xジャスミンxyukiのフリースタイルの世界で楽しんでいました。
今回はジャスミンさんもyukiさんも大活躍だったので、今度ボーナスあげないと!!

4月の販売では、もとはスカートがメインのお仕事でした。そのスカートを納品させていただいたときに、彼女がジャスミンさんとyukiさんを初めて見てとても気に入っていただき、急遽、ピアスのリクエストをしてくださったんです。思いがけぬ展開だったので、嬉し恥ずかしです。
[PR]
by savaoh | 2014-03-28 10:02 | Comments(0)

バスケット バッグ

b0330009_20203092.jpg

今まではお洋服ばかりだったので、そろそろ小物も作ってみました。
バスケット バッグです。
b0330009_20212124.jpg

山岳民族のポシェット的バッグに赤マジックのシミが大きくついていたことに買った後で気がついて(お店の倉庫で漁らせてもらっていたので暗かったんです。(涙))、結局使わなかったものをリメイクしてみました。
現行の物より目が細かくてめずらしいものだったので、ずっととっておいてよかったです。他の大きさも作ってみようかな。
b0330009_20213017.jpg

本日のお洋服は、ヤオ族のパンツの生地から作ってみました。2ピースのドレスです。
タンクトップとして、黒いシンプルなスカートとかわいいだろうし、スカートもシンプルなトップスであればなんでも合いそう!

このハデハデな手刺繍の生地でドレスを作ってもかわいいのは、やっぱりドールサイズかな。人間にはやはりパンツだけで丁度いいともいます。端切れをいただいた時に作った物ですが、いつか自分用にパンツを手に入れたいな♡買うとかなりいいお値段するんですよ。。。サイズというのもあるだろうし。。
b0330009_20211611.jpg

いい出会いがありますように!
[PR]
by savaoh | 2014-03-26 20:43 | | Comments(2)

お部屋もキーボードもきれいに

b0330009_1850030.jpg

今日はジャスミンさんがお部屋を片付けています。せっかく家具が手に入ったので、お部屋をきれいにしてもらわないと。

ジャスミンさんが手に持っている箒は、また日曜日のマーケットで発見したものです。これより三分の一くらい小さいのもありましたが、大きいサイズのみを買いました。と、実はこちら作り手さん曰く、パソコンのキーボードのお掃除用にということで作ったらしいです。
b0330009_1856450.jpg

編み込み方も人間サイズとちゃんと同じです。きれいだなぁ〜。
b0330009_18565863.jpg

ちなみに人間サイズはこちら。大きい箒と小さい箒。そして一番右がキーボード(ドール)用の箒。

最初はどの箒もボウボウに長いので、好きな長さと形に自分で切りそろえます。
そして使っているうちに抜けてきたり、減ってきたりしたら、また自分できれいにはさみで切りそろえて使うので、かなり長い間使うことができます。
私はプラスチックの箒より断然この自然素材の方が好きです。

それにしても、この箒をジャスミンさんに持ってもらうと本当にタイっぽい!
柄の部分を今度ニスでも塗って濃い茶色にしようかしら。
[PR]
by savaoh | 2014-03-26 19:12 | 雑貨 | Comments(0)

ミニとうがらし

b0330009_1284362.jpg

我が家のとうがらしが豊作。
あまり辛い料理を作らない我が家では、唐辛子の成長に追いつく早さで収穫することができず、木についたまましぼんでいってしまう実をみたくさん見つけて残念。
ということで、とうがらしを旬の状態で摘んで乾燥させて保存することにしました。
b0330009_12101476.jpg

ガラス風ボールに一杯になったとうがらし。我が家のとうがらしはミニサイズです。
どうやらとうがらしというものは、小さい種類のものほど辛く、大きいとそれほど辛くないものらしいです。
b0330009_1210286.jpg

このミニとうがらしの中で一番大きいサイズはこんなかんじ。
b0330009_12115938.jpg

そして一番小さいサイズ。
b0330009_12111298.jpg

ざるに干します。
乾燥とうがらしは、ざるに並べて数日放置すればできあがり。パスタソースなんかに便利です。
と、楽しみにしていましたが。。。。

以前から我が家のとうがらしに興味津々な大家さん(1ヶ月に何度もうちの唐辛子ちょっともらっていい?と訊いて来る。もちろん、”いいですよ”、っていうんだけど摘んでいる姿は2度しかみたことない。)が、
「お宅のとうがらしたくさん落ちてるわよー!!!」とすかさず報告。
それは、私がもう萎んでしわくちゃになったとうがらしをもぎ取ってそのまま捨てていたものです。。。
そこでわたしが、「大家さん、うちでは食べられない程たくさんなので、こちらの干そうとしている方をいかがですか?」とざるを差し出すと、

赤いとうがらし小さいの2本だけ私たちに残して、その他の赤いとうがらしだけ全部(私が捨てた分も)もらっていってしまいました。

なんて、、、遠慮のない。。。(笑)よっぽどウチのとうがらしほしかったんだぁ。。
そして、やっぱり赤いのがいいのね。

ま、とにかく、赤いとうがらし、私たちのぶんは次の収穫を待ちます。
[PR]
by savaoh | 2014-03-24 12:22 | Comments(2)

蓮の花のスカート

b0330009_1055110.jpg

お気に入りの一枚。
大きな蓮の花のスカート。山岳民族衣装の手刺繍の一部です。手刺繍の部分はモン族、腰回りのブルーの部分はアカ族の織りです。私の手に入った時はすでに30cmくらいしかなかったので、この手刺繍のパターンが活かせるかとドールのためにスカートを作ってみました。もう、2年前のことです。
b0330009_106596.jpg

実際にこんなスカートが履きたい!!という想いがあるのですが、リアルサイズでこの手刺繍の装飾をしてしまうと、いったいお値段がどうなってしまうのか。。。!しかも、大きく作ってはたしてこの蓮模様がきれいにできるのか。。。
b0330009_1017324.jpg

蓮は私が一番好きな花。これは我が家の庭の蓮の花です。去年の中頃、ひとつ咲きで買ったのに、今年に入ってふたつ咲くようになりました。かなりめずらしいことらしいです。

タイ北部はラオスやミャンマーとの国境が近く、山に囲まれています。その山や近くの街に住んでいる山岳民族達の民族衣装がすばらしいのです。
今では工場生産されたけばけばしい刺繍もどきの布がたくさん売られています。それはそれで、時々かわいいものもあるのですが、私はやはり本当の手刺繍が好きです。
街の市場で売られている民族衣装の古布の部分の殆どはラオスや中国から運んできているものばかりだそう。私は時々自ら売りに来るモン族のおばさんの商品がお気に入り。レアもの多し。

化学繊維でできた工場生産の衣装は実に味気ない。。。昔の彼等の衣服文化は、コットンを自分たちで育てるところからはじまり、紡いで、染色して、生地を織って、手刺繍を施し、年に1、2枚の服を作る。すばらしいなぁ!
でもね、大変ですよ。作る工程だけでなく、日々のメンテナンスもね。重いし、洗濯するのも乾かすのも大仕事。

こういう文化は絶えてほしくはないのですが、やはり山岳民族の方達だって現代の便利な生活に魅せられ、現代風に変化していくのが流れなんですよね。

ということで、素敵な古布を使って小さなドール用のお洋服をつくってちまちまと楽しみます♪
[PR]
by savaoh | 2014-03-23 10:53 | | Comments(0)

街で見つけたミニ雑貨たち

b0330009_9534671.jpg

久しぶりにセカンドハンド/リサイクル ショップに行ってきました。
そこで見つけた、蓋付きの小さい籠。
小物入れ?餅米いれ?
b0330009_955237.jpg

家に帰って、yukiさんのバスタオルとテディベアを入れてみました。蓋は閉めないで、大きな籠2つとして使えそうです。
b0330009_9565183.jpg

yukiさんに片付けてもらって、次へいきましょう。(大きさ比較の為に出て来てもらいました)
b0330009_957178.jpg

木のボールに、プレーンなセラミックの皿。そしてガラスプラスチックボール。
このガラスボール風プラスチックのボールは、市場の食器売り場で発見したんです。フルーツにいいや♪と気軽に買ったのですが、ふと、あまり小さいのでなにに使うんだろうと訊いて見ると、これはお店や各お家でスピリットにお供えのごはんを盛る食器らしいです。
今まで黄色、赤、金色のお供え食器セットはよく見かけましたが、クリアなガラスボール風なものは初めてでした。セットで買ってないし、、、悪いことに使うのではないからいいかな、、。
b0330009_9575229.jpg

木のボールにホットドックをのせてみました。かなり大きいボールです(笑)でもフルーツ盛ったり、インテリアににいい♪

ミニチュアを手に入れるのはかなり困難な土地ですが、こうやって街のあちこちで“もしかしたら丁度いいかも♪”と探しまわるのもなかなか楽しいです。
[PR]
by savaoh | 2014-03-23 10:03 | 雑貨 | Comments(2)

アフター5のD.I.Y.

b0330009_11382554.jpg

初めて自分でミニな家具を作ってみました!ジャスミンさんが座っている、椅子です。
オットさんのせっかくのオファーが待てず、そして週末も待てずに、今週平日のやるべき仕事を終わらせた遅い午後にコツコツと自分で作ってみました。
b0330009_11574192.jpg

先週末、温泉のお土産屋さんで買った引き出しだなと並べて見るとこんな感じです。この棚の色が好きなので、ニスもちょっと濃いめの色で。
b0330009_11592461.jpg

自分で削りだしたんじゃないんですよ〜。
タイでは、木材屋はもちろん、ホームセンター的存在のお店にもこういう木のレリーフが売っています。家を立てるときの渕の装飾や、鏡の装飾などにこの伝統的なレリーフがよく使われるのです。オットさんがいつもお世話になっている木材やさんには、こういう木のレリーフやパーツが豊富に揃っているし、しかもセールもやっていることが多いので連れて行ってもらいました。
足のパーツ部分は1つ2バーツ!!自分で少し削って椅子の足にいいようにしてみました。そしてレリーフの穴に接続部分を差し込んで、強力接着剤で留めただけ♪

そしてもう1つ。
b0330009_11581518.jpg

ドール用のスタンドです。
ジャスミンさんもyukiさんもハイヒールを履く形の足だし、関節は曲がらないタイプなので、1人では立てないのが残念で。インターネットでドール用スタンドを見ては、いいなぁと思っていたのですがこれをわざわざ日本から取り寄せるのはちょっと。。。。
と、まずは自分で試しに作ってみたものです。
b0330009_11382731.jpg

まず1つつくってみてなかなか良かったのでもう1つ作ってみました。
木の部分は、同じ木材屋さんでチーク材の切り落としをセールで売っていたものです。1つ18バーツ。
お店の人に「これで何をつくるの?」と訊かれ、
「お、、、お人形のために、、、、モゴモゴモゴ。。。。。」となんて説明をしたらいいかわからず。

ボディを支える部分は、我が家にあったハンガーを使いました。
それが刺さっているパイプは、うちの材料倉庫に転がっていたもう使わないアルミ製のパイプ。そこにちょっと装飾をしてみました。チーク材には椅子と同じニスを塗って揃えてみました。
高さも変えられるので、ヒールを履いても、裸足でも腰の高さにあわせてボディを支えられます。
スタイリッシュではないけど、ちょっとアンティーックぽく仕上がり、そしてちゃんと機能を果たしているので満足♪
もしかしたらこれから増えるかもしれない!?ドール用に、もっとスタンドを作っておこうかなぁとたくらんでいます。このチークウッドの丸いパーツって、なかなかこの値段では手に入らないんですよ。お店にあったのは売り切りたいものをセールで置いていただけなので、数もあと2、3個だけだったし。。。うーん。

小さくても、のこぎりを使ったり、ネジくぎを使ったり、、、こんな簡単なものでもなかなか大変な作業だと思いました。
「自分で作るのはいいことだ! (大変だってことわかった??)」 とオットさんは横で満足そうにニヤニヤしています。

あ、そういえば、、、
私が小学生のときの夏休みの工作のため、母がドール用に木やかなり厚い紙を使って2階建てのドールハウスを作ってくれたのを思い出しました。お風呂場もキッチンもちゃんとあって、しかもエンジニアの母、各部屋に電気を通す仕組みをつくり、豆電球をぶら下げ、手元のコントローラーでつけたり消したりできたんです。
母、、、すごくがんばってくれたんですねー(私の夏休みの工作だったのに(笑) )。
あのときは、もううれしくて、夢中で電気を付けたり消したりして遊びました。。。ただ、私のジェニーちゃんやまゆみちゃんにはサイズが少し小さかった覚えが。。。
写真なんかあったらよかったのになぁ。今となっては、私の記憶の中のみに存在しております。

お母さん、ありがとう♪
[PR]
by savaoh | 2014-03-22 12:50 | 雑貨 | Comments(2)