ブログトップ

Dress Code

savaoh.exblog.jp

タグ:Sweden ( 8 ) タグの人気記事

プリンセスケーキとミートボールとシナモンロール

b0330009_14422403.jpg

b0330009_14423054.jpg

b0330009_14424199.jpg
こちら、以前の記事に登場しました、スウェーデンの伝統的なケーキ”プリンセストルタ”。トルタはケーキという意味なので、“お姫様ケーキ”です♪ 去年日本に来た時に運良く見つけることができたリラックマの北欧雑貨シリーズのケーキです。これを実はスウェーデンにも持っていっていました。やっぱりおいしそう♪写真はスウェーデンで撮ったものです。

そしてこちらが実際のプリンセストルタ♥ のミニ!

b0330009_14424708.jpg
スウェーデンのイケアのレストランで食べました。超ミニサイズで、一緒に写っているスプーンはティースプーン。
小さいけれどとってもおいしかったです。

b0330009_14423613.jpg
そこちらが一緒に食べた”チキンミートボール”。
以前イケアでは豚肉のミートボールしかありませんでしたが、現在では普通のミートボールの他に、チキンミートボールとベジタリアン用の野菜ボールがメニューに加わっています。

b0330009_14425242.jpg
で、こちらが先日東京のイケアでいただいたベジタリアン用の野菜ボール、”ベジボール オリエンタル”です。ひよこ豆のペーストフムスがおいしかった♪ 

b0330009_14425773.jpg
そしてデザートには、シナモンロール♪を選んでみました。スウェーデンで一般的なちょっとざっくりしたパン風のシナモンロールで大満足!!

そういえば、今回スウェーデンにいた時にシナモンロールを家で作ってみました。

b0330009_14432859.jpg
およそ40個分のシナモンロールの生地を発酵。

b0330009_14433310.jpg

その生地をテーブルに取り出してひきのばします。

b0330009_14433725.jpg
伸ばした生地の上に”シナモン+砂糖+常温で柔らかくしたバター”を全部混ぜたものを全面にぬります。


b0330009_14431348.jpg
広げた大きな生地を丸めて1本の棒状にします。ここは各家庭でやり方がちがって、帯状に切った物をくるくると丸めて成形する場合もあります。

b0330009_14431637.jpg
その棒状の生地を切っていきます。

b0330009_14432001.jpg

それをオーブンで焼いて

b0330009_14432494.jpg
できあがり♪ 
40個分は大変だったので、今度は少なめにしてタイでも焼きたいな〜。






[PR]
by savaoh | 2016-08-22 15:16 | ミニチュア | Comments(4)

南スウェーデン ースコーネー お友達のお家編

スコーネ地方でには楽しいお友達もたくさんいます。そんな1人を週末に訪ねました。

b0330009_04165900.jpg
マルモから電車で1時間程北上した小さな町の大きな古いお家に住んでいるお友達です。 
このお家では昔ながらの生活をしていて、なんと冷蔵庫がありません!でも、ここのお家には地下があるので夏でもかなり涼しい場所があります。冬場はスウェーデンどこでも外に置いておけば大概の物は凍ってしまいますので(笑)大丈夫なんです。

b0330009_04181658.jpg
素敵な薪コンロが健在です♪ これが冬にはとっても温かくてキッチンでおしゃべりしながらごはんを食べたり、お茶をしたり。 なかなか居心地のよい空間になります。

b0330009_04173921.jpg
そんなキッチンで今回はお土産に持って行ったグリーンカレーを作りました。それが好評で2晩も作っちゃいました!こんなに喜んでもらえてよかった〜。(実はスウェーデンで訪れる各お家でグリーンカレーを作らせてもらっています(笑)オーガニックのお野菜を農家さんから直接購入しているので、そのお野菜を使ってのお料理がびっくりおいしいんです!!!

b0330009_04175300.jpg
特にレタスがみずみずしくシャッシャキで、もりもりたくさんそのままで食べられちゃいます。本当においしいいお野菜でした。

b0330009_04180084.jpg
お友達のリクエストにお応えして、バナナケーキも焼きました。結構久しぶりに焼いたので、ちょっと心配でしたが、ちゃんとおいしく焼けました。

b0330009_04160545.jpg
テックラさんの後ろには物置小屋。ドールと一緒に撮るときは物置小屋が丁度良い大きさみたいです。 

b0330009_04162285.jpg
この赤いレンガ色がスウェーデン独特のお家の色。青い空と緑の高原にとってもよく合います。どこから、そしていつからこんなデザインセンスが生まれたんだろうとよく想います。

b0330009_04171900.jpg
朝は特に気持ちが良いです。 

b0330009_04170870.jpg

b0330009_04185354.jpg
私が住んでいた街よりのんびり。

b0330009_04184213.jpg
b0330009_04183430.jpg
お散歩がすぐ森の中で気持ちが良いです。


b0330009_04173135.jpg
途中でお水を買うのと一緒に、やっぱりシナモンロールも♪

お散歩の一番の目的は、土日だけ開くセカンドハンドショップを覗きに行くこと!

b0330009_04192116.jpg
ここには以前も来たことがあります。

b0330009_04191203.jpg
室内はこんな感じ。たくさんの素敵なチョッキや家具やリネンが。。。。



次回はセカンドハンドのお店についてのお話にしますね。よかったらどうぞまた覗きにきてくださいね。
今回はここまで。今回も読んでくださってありがとうございます♥

b0330009_04180763.jpg




[PR]
by savaoh | 2016-06-15 05:16 | SWEDEN | Comments(4)

南スウェーデン ースコーネー ファラフェル編

先々週末から今週まで南スウェーデンはスコーネ地方に行っておりました。ノルウェーに近い今の街より大分暖かく、、というよりかなり暑くある日は日中34度まであがりました!これは今までにスウェーデンで体験したことのない気温です。地球温暖化でしょうか。。。。

ともあれ、とっても楽しくお仕事をさせてもらい、そして懐かしいお友達にもあってくることができました。

b0330009_00400264.jpg
まずはスポックさん、記念撮影です。 最南端、そしてスウェーデン第3の都市マルモにあるシンボル的存在”ターニングトルソー”です。浜辺に建っているこのひねられたデザインの建物は、コペンハーゲンの空港に着陸する際によく見えます。

b0330009_00402096.jpg
ひねってますね〜。

b0330009_00401258.jpg
別の角度から。

こう暑いと浜辺にはたくさんの人が遊びに来ていて、ひなたぼっこや水遊びでにぎわっています。平日は建物のなかで働いていたのですが、やはり休日になると外に出たくなります。そして毎日夜9時過ぎまで明るいので、しっかりこの短期間のスコーネ滞在で日焼けしちゃいました。。。


マルモはヨーロッパから北欧への玄関口でもある街で、いろいろな文化が入り交じっています。移民の方達がたくさん住んでいる街です。それがよくわかるのは食べ物。

b0330009_00403313.jpg
オリエンタルな食べ物はマルモで食べるのが一番おいしいんじゃないかな〜。大好きなインド料理を最初の夕食にいただきました。結構辛くてびっくり!?したけれどおいしかったです。

b0330009_04363549.jpg
私が住んでいた頃にはなかった、アジア食ビュッフェレストランのランチ。こんなお店が何軒もあります。日本食(→寿司)、タイ食(→ヌードルサラダ、カレー、生春巻き)中華(→フライもの、焼きそばなどなど)。パン食に飽きた時には良さそうです。すっごいおいしいわけじゃないけれど、、、でも楽しい♪
他にも韓国料理やベトナム料理屋さんもあり、この街もかなり食のバラエティーに富んできているようです。大分変わったなぁ〜。

そしてマルモにきたら必ず食べたい”ファラフェル”。

b0330009_00410292.jpg
たっぷりの野菜とひよこ豆で作った揚げたボールをちょっとつぶしてラップしたものです。安くて、早くて、ウマイ!学生食(懐かしい〜) 。ケバブ屋さんに売っています。 もちろん他の地域でも売っていますが、マルモ程たくさんのところでうっているところはないし、大きさも程よく安く、そしてなによりおいしいんです♪

b0330009_00411301.jpg
こんなひよこ豆のボールが入っています。きっと日本にあるケバブ屋さんにもあるんじゃないかと思います。

b0330009_00404265.jpg
大概外で食べます。お天気の良い日は公園や浜辺に座って食べることが多いです。今回はマルモで2回、デンマークのコペンハーゲンで1回食べました。

b0330009_00404964.jpg
最後の方は、ソースが下から垂れてきたり、野菜がずれ落ちてきたりするのできれいに食べるのが大変。必ず巻かれている紙かアルミホイル、またはビニール袋に入れたままで食べましょう。

b0330009_04315632.jpg
友達が作ってくれたベジの夕食。結構有名なシェフのケータリングサービスを利用していて、付属のレシピにそって送られてきた野菜で料理するだけ。ファラフェルのようなボールがここにもありました。

b0330009_04321019.jpg
そしてこれもそのケータリングメニューのひとつ。巻いて食べるのものはなんだか楽しいです。寿司もそうだし、生春巻きもそうだし、クレープも。。。。こちらでは自分で巻くようなお食事が多いかも!?

私自身はマルモが大好きです。いつもなにかイベントがあるし、徒歩や自転車でどこにでも簡単に行ける大きさだし、デンマークに近いので、時々日帰りでコペンハーゲンに遊びに行けるし、海もあるし、森もあるし♪
今でもこの街にまた引っ越しておいでよと言ってくれる友達もいるし。。。 あぁ、ドラえもんのどこでもドアが欲しいです。。。


そして、次回もスコーネのお話です。



[PR]
by savaoh | 2016-06-09 04:52 | Comments(2)

Ska vi fika?

b0330009_04531621.jpg
こんにちは。今日もテックラです。 
スウェーデンには1日に数回、お茶の時間を設けるのが習慣になっています。 学校でも会社でも、効率よく勉強や仕事をするのに、そして周りの人たちとコミュニケーションをとるのに欠かせない大切な時間です。こんなお茶の時間を”FIKA"フィーカといいます。 私も学校や職場で必ず朝1回午後1回フィーカを楽しんでいました。 今のスタジオでももちろん同じです。

b0330009_04530118.jpg
今日のフィーカはコーヒーとシナモンロールです。日本やタイで見かけるシナモンロールはバターたっぷりでお味がとってもリッチなんです。それはもちろんとてもおいしくできているのですが、こちらのシナモンロールは、どちらかというと”パン”に近いような食感なんです。 ちょっとぼそっと感が残っている軽くて素朴な感じといいましょうか。そんなスウェーデンのシンプルなシナモンロールが大好きなんです。

b0330009_04482256.jpg
こちらはスーパーで本日の大特価品でママさんが買わずにはいられなかったシナモンロールです。「誰がこれを買わずに通り過ぎられようか!!」と言って7つも買ってきていました(笑)
おそらく普段は安くても15クローネするところ、この日はなんとたったの2クローネ!!だったんです。 まさに大特価です!
お昼のあととその日の夜にみんなでひとつずついただきました。やっぱりフィーカは最低でも1日2回です♪ コーヒーを入れる回数だけでいうと大概1日5回です。 


これがとてもコーヒーとあうんです♪ 

b0330009_04524660.jpg
2年前の丁度今頃に作ったシナモンロールを持参しました。2年間の記事→  

b0330009_04534807.jpg
日本語で「お茶しない?」というのと同じで、こちらでも「Ska vi fika?/スカ(未来型) ヴィ(私たち) フィーカ(お茶の時間)?」といいいます。 ”フィーカ”はお茶の時間なので、正しくいうとお茶の時間をとりませんか?とかお茶を飲みに行きませんか?という言い方ももちろんあるのですが、「お茶しない?」と同じで、それ自体が動詞化して使われています♪

スカヴィフィーカ?





[PR]
by savaoh | 2016-05-20 04:35 | ミニチュア | Comments(10)

ピザに読書に。。

天気予報通り、先週末から再び寒くなりました。風が吹いているし、雨は降るしで、ここ数日10度を下回りました。。

b0330009_03275796.jpg
「そんな日は、温かい部屋で本でも読んでいるのが心地いいわ〜♪ 近くの図書館で借りてきたの♪」

b0330009_03280547.jpg
私自身も何度も読んだお気に入りの本『モモ』です。
もう一冊は『ユリアの本』。私は読んだことがありませんが、スウェーデンでは皆が一度は読むような子供用の文学です。二冊ともこのお家のドールハウスの中の本棚に入っていたのを拝借しました。中身は白いページでしたが、ちゃんと表紙はカラーコピーしてあり、背表紙には本当の本のように模様が入っていました。 

b0330009_03281678.jpg
本を1冊読み終わったらお腹が空いたのでピザを注文しましたテックラさん。電話をかけて注文し、10分後に取りに行きました。徒歩でいける距離なのでとっても便利。しかも10分でできるって、、、はやっ!

b0330009_03273856.jpg
スウェーデンではピザが安くてお手軽で大人気。庶民の愛すべき食になっています。こちらではイタリアンピザ、アメリカンピザという印象があまりなく、大概のピザ屋さんが移民であるアラビア系の方達のお店なんです。

b0330009_03274709.jpg
大概の所でキャベツのコールスローサラダとコカコーラの缶1本がついてきます。 
私の個人的な意見ですが、スウェーデンのこういったピザは、今まで私が別の場所で食べてきたピザよりも”ごはん系”な感じがします。おかず系といったほうがいいのかな?? とても薄いけれど柔らかいもっちりした生地の上にたっぷり具がのっていて、どちらかというとチーズより具の主張が強くてとてもおいしいです。

写真のピザは、先週スタジオでオーダーして食べたベジタリアンピザです。仕事中、電話して10分でできちゃうのはとっても便利です。


b0330009_03282387.jpg
外は寒いですが、北国の家の中は温水が走る暖房が効いているのであったかです。
半袖でも大丈夫。
こちらのトップスはこの間日本で購入したジェニーウェア。ジーンズとヒールはバービー用。テックラさんにもシンプルなカットソーとしてちゃんと着れたのでよかったです。テックラさん、結構誰の服でも着こなしてくれそうなので安心しました。



[PR]
by savaoh | 2016-05-17 05:23 | ミニチュア | Comments(4)

北上してサマーハウスへ

先週末は連休で、木曜日から日曜日までサマーハウスで過ごしてきました。
せっかくなので、この二人も同行です。

b0330009_03160992.jpg
スポックさんの後ろにあるのは、物置と小さなゲストルームのお家です。こうやって遠近法を使うと、ドール達のサマーハウスとしてぴったりな大きさに見えます♪

b0330009_03155360.jpg

この週末からグーンと気温が上がって森もすっかり春らしくなりました。 もしかしたら森では今の季節が最高にきれいなときかもしれません。

b0330009_03145449.jpg
真っ白な小さな花の絨毯。。。。!

b0330009_03151202.jpg
b0330009_03160150.jpg
スポックさんもお花畑でルンルンです。

b0330009_03153944.jpg
1日中ただただのんびりします。ひなたぼっこしたり、本を読んだり、絵を描いたり。
b0330009_03151926.jpg

日が大分長くなって、夜8時半でこの明るさです。 湖の水は静まり返って鏡のようになります。

b0330009_03144067.jpg

b0330009_03152694.jpg
この季節に再びこの森に来ることができてラッキーでした。
こんなに美しい自然の中に立っているとただただ感謝の気持ちでいっぱいになります。
大きく深呼吸をして、この自然の一部なのを感じ取ることができました。ありがとうございます。

また新たな週明け。がんばります!






[PR]
by savaoh | 2016-05-10 03:30 | SWEDEN | Comments(4)

小さい人達。

先週の日曜日、地域の映画倶楽部(スウェーデンで2番目に古い映画館があるので)の人達が組んだ”ボロース(Borås)の街に彫刻を見るツアー”に参加してきました。 ボロースは今私が居る街から近い所にある、元はスウェーデンの中でも有名なテキスタイルの街でした。今はもうテキスタイルを生産していないのですが、テキスタイルの美術館や学校があります。街にも結構有名なアーティストの作ったアートがたくさんあるらしいんです。

もう凍える程寒い雪の中、誰もこんなに長く外で彫刻を見るなんて予測していなかったのでみんな震えながら耐え忍んでいました(笑)私は手袋を借りました。

でも、思いのほかおもしろいものを発見。

b0330009_04001477.jpg
小さなおじさんが家の壁に。。。。。

b0330009_04002144.jpg
立って反対側の様子をうかがってる!?

b0330009_04003055.jpg

地面から3Mくらいの高さの所にいました。

b0330009_04003736.jpg
と、こんなところにも。。

b0330009_04004996.jpg

あんなところにも

b0330009_04005692.jpg
あそこにも!!

本当はもっといたのですが、もうあまりにも寒いし全部は撮りませんでした。
このおじさんのサイズはおよそ手のひらサイズです。

これは、とあるアーティスト(寒すぎて、、、名前は誰1人覚えていません:笑)で、非常に小さい物か非常に大きいものしかつくらないらしいです。ツアーの終わりに巨大なこの小さなおじさんの彫刻をみました。

b0330009_04130886.jpg
これはブラジルのアーティストの作品。

b0330009_21435981.jpg

b0330009_04125236.jpg
古かった建物も含めて、テキスタイル博物館がファッションセンターの中に今年リニューアルしたので、これも見てきました。

まずはここで腹ごしらえ!

b0330009_21434403.jpg
併設しているカフェで。1人199クローネ(約2600円)のビュッフェ!!!サーモンやチーズがいっぱい!一番のお気に入りは、レッドビーツとチーズのオーブン焼きでした。年を取ったためか、長いことアジアにいたせいか、このチーズやクリームたっぷりの一皿を食べきることができませんでした。自分でとったのにごめんなさ〜い! 

b0330009_21440848.jpg
これがテキスタイル博物館の入り口。
ここをくぐってすぐ左手にミュージアムショップがあり、とても素敵な物ばかりを取り揃えていました。でも、彫刻のパートであまりにも時間を取りすぎてしまい(ガイドさんがちゃんといたので長かった)、ここでの時間が殆どなく残念。ほぼ駆け足で展示内容を見て、ショップでは何も買わず気になった物だけをメモして終わり。
このショップとカフェだけにでもまた遊びにきたいです。

信じられないくらい寒かったツアーでしたが、なかなかおもしろかったです♪
他にも美術館があるので、スウェーデンの美術やデザインに興味のある人にはなかなか穴場の観光スポットかと思います。




[PR]
by savaoh | 2016-04-30 04:46 | アート | Comments(2)

ドリームハウス

b0330009_01534127.jpg

平均温度は10度程、春だけれどちょっと寒いなーとみんなぼやいていますが、庭の花は着実に咲き始めている今日この頃........

b0330009_01535231.jpg

でしたが、、、、

b0330009_01540142.jpg
b0330009_02003412.jpg
今日は1日中雪でした。。。。。
もう寒くて寒くて、スウェーデン人達もヒーヒーいっていましたよ。私はつい2週間程前までは40度の環境にいたのに、今日はマイナスの世界。本当に寒い!!!!

b0330009_01543632.jpg
でもここは北国。お家の中は温かいのです。いらっしゃ〜い!

b0330009_01541911.jpg
私がこの家にきたとき(12年くらい前)から見ていたドールハウス。12分の1の大きさでしょうか。。。6分の1ドールには小さいけれど、でもこんな大きな家なのでつい遊ばせてみたくなってしまいます。 今になってこんなに興味がわくなんて、当時は思っても見ませんでした。

b0330009_01550689.jpg
各所にガラスのスライドドアもあり、開閉可能です。この家の本当の娘の為に家族皆で作った物です。

b0330009_01544916.jpg
家具は買い集めたり、ミニチュアは作ったりもしていたそうです。奥にある花柄の壺は、陶芸かであるママの手づくりの本当の焼き物です。

b0330009_01551204.jpg
b0330009_01544344.jpg
家具はやっぱりスカンジナビア調♪

b0330009_01542956.jpg
チーズもママの手づくりです。

b0330009_01552271.jpg
「こんな家にすみたいね〜。ちゃんとボク達サイズで!」

この子達がちゃんと住める家を作るということは、、、かなり大仕事ですね。
そのまえに自分の家が欲しいです。






[PR]
by savaoh | 2016-04-25 02:10 | 部屋&家具 | Comments(4)